結婚式の内祝いのルール、常識的知識を学んでスキルアップを目指そう

サイトマップ

トップバナー

結婚式の内祝

あなたは結婚式の内祝について、どの程度のマナーやルールをお知りでしょうか。ご覧の方の中に、結婚式を控えて いらっしゃる方もいると思います。華やしい門出に水を差さないように結婚式の内祝のマナーを押さえておかなければなりません。ここでは、 そういった知っておかなければならない知識をいくつかご紹介いたします。

近年は、あまりお金をかけない結婚式が主流となっています。しかし友 人同士の結婚パーティーでも、昔ながらの付き合いの方との結婚パーティー、気の許せる仲間との披露宴 でもお祝いをいただくことはあります。通常の結婚式よりも気軽なイメージではありますが、内祝については 知っておく必要があります。

感謝を込めて
大人の常識的知識

結婚式を控えている方もそうでない方も、大人の常識として内祝について知っておかないといざというときに困ります。 結婚式の内祝について知らないと、失礼な人と判断されるケースが多くあります。また、仕事 場等で上司からお祝いを頂く機会も社会人だとあるので、結婚式での常識を身に着け、失礼のない内 祝の返し方を学びましょう。

美しい花
喜びを分かち合う

結婚式の内祝とは、喜びを分かち合うという意味があり、結婚をする人の喜びを他の人にも分けるという意味合いがあります。 結婚式をした際、ご祝儀を頂いたら引き出としてのお返しを送るのが一般的です。引き出物も結婚式の内祝となり送る側は、 人気商品を調べたり、人によって商品を変えたりと頂く人の気持ちを考えて選びます。

その2内祝と引き出物

ハートにロウソク

結婚式に用で出席できなかった方から、結婚のお祝いにお金や品物を頂くことがあります。こういった場合のお返しには、内祝を送るのがマナーです。 ご祝儀を多く頂いたら、引き出物以外に内祝を贈ることもあるのでその時々の状況に合わせることが大切です。

お礼として内祝を発送する方もいますが、本来、結婚式のお礼の内祝は、直接訪ねて手渡しするのがマナーです。 ですが、忙しい方に時間を作ってもらうのは気が引けますし、遠方から結婚式に足を運んでくださった方の家に訪問することも むつかしいですよね。こういった理由で発送する際は、内祝いを送る際にメッセージカードや手紙を添えるようにします。 労働時間が長く家に帰宅するのが遅い現代ではすべての方の家にいくことは難しいので仕方ないケースもあります。

お祝いを頂いた1ヵ月以内

日本の昔からの風習を重んじたい方なら、先にお礼の挨拶状を送り そのあとに内祝を贈るとお知らせを通知すると失礼のない渡し方ができます。 また、内祝を贈る際はお祝いを頂いた1 ヵ月以内に送るようにします。

ポイント 現在はネットが普及しているので、結婚式後の内祝を買うときに、ネットショップが人気です。 こういったショップを使うと簡単に商品を探せて、発送もしてくれるので便利な手段でが、先に紹介し たように、結婚式後、失礼のない順序を踏んで内祝いを発送するようにしなければいけません。 すべて人任せになってしまって、相手に失礼があった、というのでは若いから、というのは言い訳にもなりません。いくら手軽でも 失礼がないようにしないといけません。まだマナーがわからないなら、目上の人に聞いたり、その人が喜びようなものを あらかじめ調べることが必要です。プレゼントと言うのは相手に喜んで頂いて価値のあるものです。自分よがりにならない よう注意しましょう。一番大切なのは、相手の事をよくしっかりと考えることです。そう考えるうちに、自分が相手のことをどれだけ しっているか、またどれだけお世話になったかよくわかります。どういうものをもらうかで相手は自分が渡した相手のことをどう思っているか が判断できてしまいます。


https://www.tanteisan.com/
https://www.sougi-sos.com/


その3内祝いの金額

リボン

結婚式の内祝としてお返しの品物の金額の相場を気にする方は多いですよね。どのくらいの商品を結婚式 の内祝いとして贈るのが常識なのでしょうか?目に見えて安いものだと、失礼にあたりますし、だからといって高価なものでも相手が恐縮してしまうと悩みますよね。一般的には 結婚式の内祝の値段は頂いた額の3分の1、または半額くらいの商品がよいとされています。

結婚式でどういったものを内祝として選ぶのかというのはとても大切ですが、贈る側のセンスが問われるので、かなり難易度が高いということもあります。記念にいつまでも残るような内祝を送りたいと思う方は多くですし、2人の名前が刻まれた置時計や花瓶などが昔は人気が高かったのですが、今では、結婚式の記念となる内祝としてはあまり人気がありません。

その方のセンスに合わない物は贈らない

結婚式の内祝を贈る際には、相手の気持ちになり、どれほど人気がある商品でもその方の好みに合わない物は贈らないようにしましょう。感謝の気持ちを伝えるという熱意は伝わりますが、2人の名前が刻まれたタオル などはもらった相手も少し使いづらい物となってしまいます。できるだけ、使いやすい日常的に 使用するものを心掛けて選ぶことが重要になります。いくらよいものでも相手が使いにくいと思ってしまえば、それまでになってしまうからです。

ポイント 結婚式の内祝は送る側の気持ちのみでなく、贈られた方の気持ちをよく考えて、個性的なものは避けて、誰でも使えて、日常的な商品を送るようにしましょう。毎日使えるようなタオルセットや豪華な食器、スイーツ、コーヒー、紅茶のセットなどは、定番中の定番で人気が高く安パイな商品です。逆にあまり使わいようなものは逆に迷惑とまではなりませんが、あまりオススメできませんので、しっかりと相手の立場になって選ぶようにしましょう。色々なマナーはありますが、あくまで自分がもらって嬉しいもの、ということに変わりはありません。世代が違う場合は同じ世代の人に参考意見を聞くのも有効です。自分の世代では常識だと思っていることが上の世代では非常識だということも多いです。 ですので、失礼に当たらないよう、しっかりとした見極めを心がけましょう。その人の性格などもありますので、仲の良い人に聞くのが一番間違いありません。良く知っている人であれば、その人の趣味などに合わせたものが喜ばれます。 あまり高価でなく気を使わせないものを選びましょう。値段をかけずに喜ばせるというのはなかなかむつかしいですが、選ぶ時間が あるはずですので、余裕をもって選び始めましょう。


宝石貴金属専門店「オージュ」-株式会社 湘南 i - 宝石貴金属専門店「オージュ」-株式会社 湘南 i


その4結婚式の内祝の贈り方

バラ

できれば、結婚式後の内祝は贈る方の家を訪れ、直接手渡しするのが失礼のない贈り方です。ですが、遠方であれば手渡しできないので、そういった際には、宅配便で発送して問題ないですが、先の通り、挨拶状は添えなければいけません。

礼節を重んじる人は、挨拶状を先に送って結婚式の内祝を送る事を伝えますが、最近は何も言わずに送る人が多くいます。内祝はお祝いを頂いた、また、これも先の通り、結婚式の1ヵ月後に贈らなければななりません。それを過ぎてしまうとマナー違反なのです。

紅白水引が10本結び切りの物を使用する

結婚式の内祝ののしは、引き出物と同様に紅白水引が10本結び切りの物を使うことが多いでます。表書きは内祝とすることが多いのですが、寿と書いても失礼にはなりません。

ポイント また、水引の下に新姓のみを記載するか、または、夫婦の連盟を記載するようにします。 結婚式の当日に渡す引き出物には、両家の名前を記載するのですが、結婚式の後日に贈る内祝は新姓のみにします。 このように場面と時に応じて書き方も変わってきますので、しっかりとマナーをみにつけておきましょう。 通常の社会人としてしょっちゅう必要なマナーではありませんが、必ず必要になってくるものです。 いざとなって、どうしよう、と迷って周りに聞く必要がないように、最低限のところはしっかりおさえましょう。 知らない事が罪になってしまうことが社会人にはたくさんあるのです。そしてそれを誰も教えてくれないということも あります。常識部分は周りをよくみて判断するようにしましょう。地域がらの常識もありますので、仮にある程度知っていても その地域の人などに確認しておかないとマナー違反になってしまうこともあります。



その5熨斗の選び方

贈り物

熨斗は、紅白の水引で結んだ結び切りが定番とされています。結婚式の内祝の熨斗は、紅5本、白5本を合わせた10本の水引で固く結ばれ、水引の端は上に向いている結び切りが定番となっています。

なぜ、結び切りにするのかと思う方も多いですが、これは、結婚式の内祝を結び切りにすることで、一度結ぶとほどけないという理念性から結婚した2人が離れ離れにならないようにという思いが込められています。

水引はタブーとされている

結婚式の内祝として結ぶ際には、ほどけやすく、結びなおす事ができる水引はタブーとされています。同様の紅白の熨斗でも、蝶々結びの物を見かける事が最近では増えました。こちらの結び方は、結婚式の内祝には適していません。

ポイント ただ、先にご紹介いたしました、紅白の熨斗の蝶々結びのものですが、何度もつかえるので、出産や昇進等など他のお祝い事に使っても悪い事ではない行事に使われます。何度も同じものを使うことはよくないと思う方もいらっしゃいますが、 これは問題ありませんん。逆に間違ったことをしてしまうほうがよほど失礼にあたる事を知っておきましょう。 特にお祝い事ですので、ミスが許されません。 こういう時のミスは一生もののミスになってしまいます。おめでたい席というのは記憶に残りやすいので特に気を使う必要が あります。

その6結婚式の内祝の書き方

寿

結婚式の内祝の書き方についてご紹介します。先で少し触れましたが、表は寿や内祝が定番とされています。また結婚式の内祝の熨斗でも同じです。 また、出産など他のお祝い事でも内祝としますが水引の種類が違います。

下の段には、新郎新婦の姓か上段に新郎新婦の姓を書き、下段に新郎新婦の名というセットで熨斗の下段に新郎新婦の姓、または上段に新郎新婦の姓と下段に名前をセットで記載するのが一般的です。

お互いの両親に相談すると効果的 ポイント

先にご紹介いたしました形式のどちらかで迷った際には、お互いの両親に相談するとよいです。ご両親も結婚式をし、同様に内祝の書き方で頭を抱えた経験があるはずです。経験者に相談するのが1番手っ取り早いのです。それでも迷ったのであれば、最近結婚式をした知人等に聞いてみて、自分たちの納得のいく内祝の書き方をすれば、マナー違反になることはありません。

古くから、日本では結婚を家同士の結びつきだと考えてい た事もマナーです。現在では、本人同士の気持ち、結び つきを尊重する意見が多いですが、年を重ねている方々からすれば、 家の名前が記載されていなければと考えている方も多いので、両家に相談し、誰もが納得のいくのような結婚式の内祝を用意するようにしましょう。内祝といっても、知らないと失礼に なってしまうような事柄も多くあるのです。人に不快な思いをさせない ようにしっかりとマナーを押さえておきましょう。現在、結婚式の内祝で悩んでい る方や、結婚式を控えている方にここまでご紹介した内容が ご参考になれば幸いです。