地味婚でも2人のセンスが問われる内祝だからきちんと勉強して贈りましょう

サイトマップ

トップバナー

地味婚

お金をかけない結婚式

結婚している方に質問です。あなたの結婚式はどういった形の式でしたか?最近では、あまり派手な結婚式が主流となっていない事から、地味婚という言葉が流行っています。内輪のみでの挙式、身内のみの披露宴、親しい友人のみの食事会で済ませる事が多くあまりお金をかけない結婚式が主流となってきました。

現在はそこまでお金をかけない

考えてみると、バブル期には何百万もの大金を使用し、ホテルや一流ホテル等で披露宴をする方が多くいました。内祝には食器、鍋大きな荷物を持って帰る事が出来たと思います。当時は、このようにとても派手で多くのお金を使用した結婚式が良かったのです。

ですが、現在はそこまでお金をかけない思考に代わっていっています。披露宴や挙式にお金をかけるよりも、自分たちの生活にお金をかけたいという気持ちの方々が増えています。言われてみればその通りです。結婚旅行等で海外に行く事も出来、そこで2人だけの挙式を挙げる方々も多くいます。

式の値段

結婚

普段はあまりお金を使わない、少しケチなカップルであっても、こだわりたいと思っている部分では、お金をかけているケースも多くあるのです。例を挙げるとすれば、パーティー形式の披露宴であっても、内祝や引き出物にこだわりたいと思っている方々が増えています。

失礼にあたる行為もある ポイント

結婚式に参列してくれた方、パーティーに参加してくれた方々が持ち帰る内祝と聞け ば、2人のセンスが問われるといわれる程に、大切なものです。また、感謝の気持ちを手紙などではなく、物 にする事で気持ちをうまく伝えられない人も、とても良い物になるので、活用しない手はないでしょう。失 礼にあたる行為もあるので、きちんと勉強し、贈りましょう。いくら地味婚とはいえ、それなりの礼儀は必要なのです。 気持ちとしては、きちんとした結婚式に出席するくらいの気持ちがあってよいのです。社会人のマナーはしっかり覚えておくように しましょうね。

結婚式の内祝の常識的知識